薬剤科の紹介

内科

医薬品の適正管理

医薬品は薬剤科のみではなく、病棟・外来・手術室などでも在庫しております。院内における医薬品は全て薬剤科で 一括管理しており、各保管場所における適正な管理方法(有効期限・保管状態他)・適正な供給数を定期的に確認し 品質管理しております。
また、入院患者様への投薬は注射薬は個人別にセット、内服薬は一包化(数種類の薬を一つの袋に包装)して 薬剤師・看護師①・看護師②と複数回の確認作業の後に患者様へ服薬・注射するシステムとなっております。

無菌製剤処理室(クリーンベンチ)

当院では中心静脈栄養輸液(IVH)等の薬剤混合作業を無菌製剤処理室にて行っております。
無菌製剤処理とは薬剤師が滅菌済みの手袋やガウン等を装着し、清潔度の高いクリーンベンチの中で衛生的な手順にて薬剤混合をする事です。無菌・無塵状態における作業により、安全で衛生的な注射薬が完成されます。

薬剤科

医薬品情報室

医薬品に関する情報は常に更新されております。
新しい医薬品情報や、発売後の医薬品に発見された作用・ 副作用の情報、他の医薬品との相互作用など多岐にわたります。
医薬品情報室では厚生労働省や製薬メーカーなどから届くこのような情報をいち早く現場へ報告し 安全な医療提供が出来るように努めております。
また、このような情報を基に院内採用薬集の編集・医薬品情報配布を行い医療スタッフが新しい情報を得られるよう 対応しております。

薬剤管理指導

患者様の薬に対する不安や疑問にお答えし、安心して服薬頂けるよう以下のような取組みをしております。

医師の指示により入院患者様に対し、薬剤師が薬剤管理指導を行っております。
①入院時にお持ちになられた薬剤を鑑別し、主治医へ情報提供致します。
②患者様の副作用歴やアレルギー歴の確認を致します。
③処方された薬の重複や相互作用を事前に確認致します。
④患者様へ処方された薬の服用方法・作用・副作用・注意点・ご質問等をわかりやすく説明致します。
⑤退院後の服薬方法を丁寧に説明致します。

薬剤科02