リハビリテーション室の案内

内科

リハビリテーション

当院では患者様の社会復帰を目的とした個別治療を
中心として、家庭生活を想定した介護支援、補助用具の検討、家屋改造等の助言も行っております。

入院中や、退院後の生活をより良いものとするために、
患者様の状態を詳細に把握し、目標を決めて、医師や 看護師等とも連携し、患者様やご家族のニーズに合った 治療を行っております。

理学療法室

理学療法室では、プラットホーム・治療用ベット・練習用階段・アイソフォース(筋力測定器)・平行棒・下肢荷重計などを設置しております。脳神経疾患、内科疾患、整形外科的怪我などによって身体が不自由になった患者様に対し、座る、立つ、歩くなどの基本的な身体能力の回復や向上、または新たにそれらの能力を獲得するために運動療法や物理療法、日常生活動作訓練などの手段を用いて個別に訓練を行っております。
外来患者様に対しては、基本的動作能力の回復を目的に、治療体操などの運動療法、電気刺激、マッサージ、温熱などの物理療法、日常生活活動訓練を行っております。
また、入院中の患者様に対しては近年の社会高齢化に伴い、臥床による廃用性症候群を起こさないように、他職種と積極的に連携して筋力低下・体力低下・臓器の退行性変化などの予防を目的とした訓練を行っております。
退院後は日常生活動作の維持及び回復を図るとともに、生活の質の確保を重視した在宅療養が継続できるように訪問リハビリも行っております。

 

 

 

理学療法士

作業療法室

作業療法室では、身体および精神的な疾患の患者様が、様々な作業活動を通して、社会の一員として活き活きとした生活が送れるようになる事を目的としたリハビリです。
整形疾患、脳神経疾患等の外来患者様に対しては、ご本人に仕事、家事や生活状況をお聞きし、目標を立て、それにそった上肢の機能訓練・上肢操作課題を選択し、リハビリを行っております。生活しやすくするための道具の導入や環境の改善、日常での体の使い方も一緒に検討していきます。
入院患者様では、内科疾患や足の骨折で入院されている方、認知症の方に対しても、その方に合った生活環境に戻れるよう一緒にリハビリさせて頂いております。
具体的なリハビリ内容として、食事やトイレ動作などの実際の生活場面での介入や、退院後の生活場面を想定しての練習・仕事・家事動作再獲得を想定した課題、頭の活性化を図るための体操、机上での作業課題・趣味活動、生活に必要な筋力・感覚・関節の動き・上肢機能の維持獲得を図る機能訓練などがあります。退院前にはご希望があれば、家屋訪問、介助方法の指導も積極的に行っております。

 

 

作業療法士

言語聴覚室

言語療法室では、言語の障害:脳卒中などの病気の影響で
「言葉が思い出 せない」「伝わらない」といった失語症や、「呂律が回らない」「口が上手に動 かない」といった運動障害性構音障害などコミュニケーションの障害を持つ 患者様に対して訓練を行っております。

嚥下障害(飲み込みの問題):
「最近、むせる」「家でご飯を食べなくなった」

といったご家族様からの声が多く見受けられます。
そのような際は、検査・ 評価を実施し、必要に応じて訓練・指導・助言を行いながらコミュニケー ションや食べる問題を持つ方、またご家族に対し豊かな生活が送れるよう 支援を行っております。お気軽にお声をお掛け下さい。

作業療法士

筋肉測定器

筋肉測定器

 

当院ではより安全に大腿筋の筋力増強及び筋力計測を行うためにアイソフォースGT-380を導入しております。

座る、しゃがむ、立ち上がる、立位保持、歩く等の日常生活に必要な動作の維持・改善には、下肢の筋肉量が大変重要です。年齢を重ねると足の筋肉が2割~3割程細くなってきます。特に大腿四頭筋や大腰筋を鍛えれば、歩くときの姿勢もぐんと良くなり、つまずいて転倒することも防ぐ事ができます。筋力トレーニングはいつ始めても遅いということはないのです。様々な研究から80歳代、場合によっては90歳代の方でも、適切な筋力トレーニングを行なえば筋力量が増える事もわかってきました。

アイソフォースGT-380は膝に負担がかかりにくい運動様式であることから、術後や高齢者のリハビリテーション、
下肢全体の協調性のトレーニングなどに適しており、より安全で日常動作に近い条件下での測定・トレーニングが可能です